保証会社が保証する制度|この先ずっと安定して収入を得られるマンション経営のやり方

保証会社が保証する制度

レディー

少子化と希薄な血縁が原因

今、不動産業界では昔から続いている保証人制度を改める方向に進んでいます。その理由は少子化によって賃貸業界の先行きに不安があること、核家族化によって保証人を立てるのが難しいことなどです。その代わりに採用され始めているシステムが家賃債務保証です。これは従来の保証人に代わって、保証会社が入居者の保証をします。不動産業界がこの方法を取り入れ始めたのは入居者を確保しやすいだけでなく、不動産屋にとってもメリットがあるからです。従来の保証人の場合、入居者が家賃を滞納した時でも保証してくれないなどのトラブルが多かったのです。しかし保証会社なら確実に保証してくれる安心感があります。入居者は保証人を探す手間が省け、不動産屋には万一の安心感があるので、今後も家賃債務保証システムは広く導入されていきます。

事前審査に通るのが条件

家賃債務保証は入居者にとってありがたいシステムです。しかし誰でもこのシステムを利用できるわけではないのです。家賃債務保証を受けるためには事前審査があります。カードローンの審査と同じで、借金の返済事故を過去に起こしていたりすると審査に通らないのです。審査に通らないと家賃債務保証は利用できないという仕組みになっています。また家賃債務保証を利用する時には、一定の保証料を支払う必要があります。この点も従来の保証人制度と大きく違う点です。親戚などに保証人を頼む時は菓子折程度の挨拶で済みますが、保証会社に支払う保証料は家賃の30パーセントぐらい必要です。10万円の家賃なら3万円程度の保証料を支払えば、家賃債務保証システムを利用できることになります。