保証会社が保証する制度

レディー

不動産業界では従来の保証人制度をやめて、保証会社による家賃債務保証を導入する傾向が増えています。理由は少子化で賃貸業界の先行きが不安なこと、血縁関係が希薄で保証人が見つけにくいことなどです。不動産屋にとってもこの制度はメリットがあります。滞納家賃の催促をしなくても、保証会社が確実に払ってくれます。

もっと読む

どんなメリットがあるのか

建物を持つ人

みんなで大家さんの特徴となるのが、手数料無料のためハードルが低く投資が始めやすいという点です。また3年単位の短期投資で1口100万円から投資ができるのも、みんなで大家さんが注目を集める理由の1つとなっています。

もっと読む

家賃収入を増やす方法

集合住宅

収入アップの選択肢

都市部で住まいを探している人たちの多くが選ぶのは賃貸マンションですが、とりわけ人気があるのは新築物件です。したがって土地を活用してマンション経営に新規参入したオーナーの手取り収入も多く、稼働率が100パーセント近い物件が中心です。一方で築10年を超えた段階から少しずつ空室が増えるために、マンション経営を行う上では、稼働率アップのために適切な対策を行うべきです。築30年以上マンションを保有するオーナーの中には、建て替えを真剣に検討する人もいますが、工事期間が長くて費用も莫大です。そのために建て替えではなくて建物のリニューアルを考える所有者の増加も著しく、建設会社も建物の大規模改装の受注に意欲的です。

リニューアルの基礎知識

リニューアルをしてマンション経営の効率化を実現するには、まず最初に複数の業者に見積もりを依頼して、条件を比較するのが理想的です。工事費用が割安な施工プランも魅力的ですが、建物を改装することで賃料収入が増やせるリニューアルプランを選ぶことが重要です。アパートやマンションのリニューアルに特化した施工業者を活用することが、入居者の心をつかんで稼働率を高めるコツです。特にマンション経営者の間で評判になっているのは、和室を洋室に改造するリフォームであり、1戸当たり100万円以内のプランが大人気です。外壁塗装も丁寧に行って保有するマンションのイメージを一新することで、空室の悩みもスムーズに解消できるでしょう。

家賃の保証

紳士

マンションやアパートを借りる時に、賃貸保証会社を利用できる事がありますが、保証人の代わりになってくれるので保証人を準備できない人にとっては助かります。また、賃貸保証会社を利用するためには、審査に通る必要がありますからきちんと働いている事が利用するための大前提になってきます。

もっと読む